道州制推進連盟


道州制推進連盟は道州を段階的に増やしていく
地域主権型道州制を段階的に実現する
「細胞分裂型道州制」を推進しています 

★次回例会は10月19日、オンライン開催



道州制とは?

細胞分裂型道州制とは?

なぜ細胞分裂型道州制か

ダブル首都

第一段階

州のしくみ

第二段階

第三段階(完成)

第四段階(完成)

目次


Q&A

道州制推進連盟

お問い合わせ

プライバシー・ポリシー

旧ホームページ


新着情報/お知らせ

関西州ねっとわーくの会が、
「日本再生8州構想」2018年版(1)(2)を2018年8月に発行
道州制推進連盟と生活者主権の会・道州制実現推進委員会が、 「細胞分裂型道州制」の小冊子を、2018年5月に合同で発行
2016年5月 道州制推進連盟がホームページを大幅改変
関西州ねっとわーくの会が、
「日本再生8州構想」2016年5月版を作成
道州制推進連盟 平成26年度&27年度会計報告書
道州制推進連盟 平成23年度&25年度会計報告書
関西州サイバー議会
関西州ねっとわーくの会が、
「日本再生8州構想」リーフレットを2015年9月に制作
生活者主権の会・道州制実現推進委員会が、 「東西2大道州制」の小冊子を2014年4月に発行
2012年11月4日の「合同講演会」の「大統領制型東西2大道州制」の講演部分の映像を公開
生活者主権の会・道州制実現推進委員会「関西州ねっとわーくの会」が、11月4日に「合同講演会」を開催
道州制推進連盟と道州制.comが8月24日に 「合同勉強会」を開催
生活者主権の会・道州制実現推進委員会が、 「大統領制型東西2大道州制」の小冊子を2012年4月に発行
「関西州ねっとわーくの会」が2009年11月28日にスタート
道州制推進連盟では会員(無料)を募集しています

最近の注目情報バックナンバー

最近の注目情報一覧(2022年)

最近の注目情報一覧(2021年)

最近の注目情報一覧(2020年)

最近の注目情報一覧(2019年)

最近の注目情報一覧(2018年)

最近の注目情報一覧(2017年)

最近の注目情報一覧(2016年)

最近の注目情報一覧(2015年)

最近の注目情報一覧(2014年)


最近の注目情報(2022年5〜8月)


1.都道府県を解組し、8地方に統合した「道州制」視野
                 /いま田中角栄あらば…  小林吉弥
(2022年5月19日 夕刊フジ)
 秘書だった早坂茂三は筆者にこう言ったことがあった。
 「オヤジ(田中)さんは、日本列島改造論の一方で、やがては47都道府県の解組、これを
8地方ほどに統合しての『道州制』も視野に入れていた」

2.中央集権から真の地方自治へ、国土の平準化
                 /いま田中角栄あらば…  小林吉弥
(2022年5月21日 夕刊フジ)
 現在の都道府県単位という小さな経済規模では、地方経済の活性化には限界がある。地域を
広域化すれば、当然、交付金、補助金の類いは増える。その地域の自治権もおのずと、これま
でとは比較にならぬ強さとなる。地域特有の経済発展も可能ということである。
 まさに、中央集権から真の地方自治へということでもある。
 地域発展の可能性を見れば、若者を中心に東京からのUターン現象が起こり、経済格差是正
という国土の平準化が期待できる。

3.「道州制」もう一度考えてみてもよいかも
                 :岸田氏が廃止した道州制推進本部
(2022年7月21日 岡本 裕明 アゴラ)
日本は細長い国で気候や文化的特性、歴史的背景などが地域ごとに違います。それを東京とい
うセンターが一元的に管理するというやり方は戦後のように全体が一つに向かっていればよい
のですが、現在のように成熟化してくるとこれはうまく機能しません。
・・・ならば、国家全体と地域ごとの行政は二段構えにして、地方に権限を大幅に譲渡しても
よいのではないか・・・

 最近の注目情報の詳細はここをクリックして下さい









 道州制推進連盟

Copyright (C) 2005 www.dohshusei.org. all rights reserved.
TAPJ