道州制推進連盟


道州制推進連盟は道州を段階的に増やしていく
地域主権型道州制を段階的に実現する
「細胞分裂型道州制」を推進しています  

「細胞分裂型道州制」の小冊子を2018年5月に発行しました



道州制とは?

細胞分裂型道州制とは?

なぜ細胞分裂型道州制か

ダブル首都

第一段階

州のしくみ

第二段階

第三段階(完成)

第四段階(完成)

目次


Q&A

道州制推進連盟

お問い合わせ

プライバシー・ポリシー

旧ホームページ


新着情報/お知らせ

関西州ねっとわーくの会が、
「日本再生8州構想」2018年版(1)(2)を2018年8月に発行
道州制推進連盟と生活者主権の会・道州制実現推進委員会が、 「細胞分裂型道州制」の小冊子を、2018年5月に合同で発行
2016年5月 道州制推進連盟がホームページを大幅改変
関西州ねっとわーくの会が、
「日本再生8州構想」2016年5月版を作成
道州制推進連盟 平成26年度&27年度会計報告書
道州制推進連盟 平成23年度&25年度会計報告書
関西州サイバー議会
関西州ねっとわーくの会が、
「日本再生8州構想」リーフレットを2015年9月に制作
生活者主権の会・道州制実現推進委員会が、 「東西2大道州制」の小冊子を2014年4月に発行
2012年11月4日の「合同講演会」の「大統領制型東西2大道州制」の講演部分の映像を公開
生活者主権の会・道州制実現推進委員会「関西州ねっとわーくの会」が、11月4日に「合同講演会」を開催
道州制推進連盟と道州制.comが8月24日に 「合同勉強会」を開催
生活者主権の会・道州制実現推進委員会が、 「大統領制型東西2大道州制」の小冊子を2012年4月に発行
「関西州ねっとわーくの会」が2009年11月28日にスタート
道州制推進連盟では会員(無料)を募集しています

最近の注目情報バックナンバー

最近の注目情報一覧(2018年)

最近の注目情報一覧(2017年)

最近の注目情報一覧(2016年)

最近の注目情報一覧(2015年)

最近の注目情報一覧(2014年)


『道州制をひろめよう!!』
  当連盟「mixi」コミュニティ





最近の注目情報(2018年11〜12月)


1.「関西州」導入を提言 広域連合会合、知事らは慎重論
(2018年11月24日 京都新聞)
 関西経済同友会地方分権改革委員会は府県を存続させた上で業務は広域連合に移管し、
「関西州」に衣替えするように求める提言を行った。都道府県を廃止・再編する道州制の
議論が下火となる中、一石を投じた形だ。
 提言は、府県と広域連合の役割を段階的に見直し、再編成する内容。関西州の首長を広
域連合議会議員の互選とすることや自主課税権の獲得も盛り込み、広域的な産業政策やイ
ンフラ整備などで独自の立案・実行機能を持つべきとした。
 だが、こうした提言に対する知事や市長の反応は芳しくない。

2.大前研一"ついに失われた30年になった"
(2018年11月30日 プレジデントオンライン)
 自民党が外交戦略会議など5〜6の総裁直属機関を事実上廃止することが11日、分か
   「平成」が幕を閉じようとしている。
私が「平成維新」を旗印に掲げて日本の改革を世に訴えたのは平成がスタートしてまもな
くのことだった。 理念と政策をまとめた『平成維新』という本を出版したのは平成元年
(1989年)。
道州制、ゼロベースの憲法改正、移民政策、容積率の緩和など、私の政策提言のすべては
この本から始まっている。2005年には日本人の平均年齢が50歳を超える。2005年までに改
革を断行しなければ、この国は変われない国になってしまう。平成維新の必要性をそう訴
えた。
あれから30年が経過した。2005年はとうに過ぎ去り、平成が終わろうとしているのに、私
が平成維新から唱え続けてきた政策提言はほとんど何も実現していない。

最近の注目情報の詳細はここをクリックして下さい









 道州制推進連盟

Copyright (C) 2005 www.dohshusei.org. all rights reserved.
TAPJ