平成29年・議事録


●道州制推進連盟3月例会議事録
                    ※(文責 小俣一郎)
日時:2017年3月15日(水) 18:30〜20:00
会場:喫茶室ルノアール 新宿区役所横店
出席:柳田・小俣・吉井、以上3名。
                     (先着順、敬称略)
配布資料
1.最近の注目情報(2017年3月)(小俣)

議事概要

1.最近の注目情報等について
・3月の注目情報について、小俣副会長より説明等があり、関連し
 て情報交換、意見交換を行った。
・大阪府が8年ぶりに地方分権改革ビジョンを改定することや、町
 村では道州制への反対が根強いこと等が話題となった。

2.細胞分裂型道州制について
・「ダブル首都」を加えたHPを4月1日にUPすることにした。
 それまでに修正提案があれば検討する。
・HPの各項目の最後に、問い合わせ先のアドレスを入れて、質問
 等をよりしやすくするように修正することにした。
・「アメリカの大統領制の長所を取り入れる」という表現を変更す
 ることとし、それに合わせて、改めて全体を見直すことにした。
・小冊子については、その作業が終了してから検討することにした。

3.その他
・森友学園関連の話題を中心に、南スーダンの問題や豊洲問題等に
 ついても情報交換、意見交換を行った。
 
次回予定:2017年4月19日(水)18:30〜20:30  
               喫茶室ルノアール 新宿区役所横店


●道州制推進連盟2月例会議事録
                    ※(文責 小俣一郎)
日時:2017年2月15日(水) 18:30〜20:00
会場:喫茶室ルノアール 新宿区役所横店
出席:小俣・吉井・柳田・松井、以上4名。
                     (先着順、敬称略)
配布・回覧資料
1.「ダブル首都」&「目次」文案(小俣)
2.「他の章の修正箇所」の回覧(小俣)

議事概要

1.最近の注目情報等について
・2月の道州制に関連する注目情報はなく、今回は情報交換等は行
 わなかった。

2.HPテスト版について
・小俣副会長より「ダブル首都」の項目を入れたHPテスト版をつ
 くり、UPしたとの報告があった。

3.細胞分裂型道州制について
・小俣副会長から「ダブル首都」の項目追加案及び他の章の関連内
 容の修正案の提案や、他の章の他の内容についての追加案の提案
 があり検討した。
・全体の方向はこの方向で進めるが、細部についてはこれらをテス
 ト用のHPにUPして、内容を確認し、問題がないか改めて検討
 することにした。

4.その他
・トランプ米大統領関連の話題を中心に、中国や東芝の問題等につ
 いても情報交換、意見交換を行った。
 
次回予定:2017年3月15日(水)18:30〜20:30  
               喫茶室ルノアール 新宿区役所横店


●道州制推進連盟1月例会議事録
                    ※(文責 小俣一郎)

日時:2017年1月18日(水) 19:00〜20:45
会場:喫茶室ルノアール 新宿区役所横店
出席:小俣・吉井・柳田、以上3名。
                     (先着順、敬称略)
配布資料
1.最近の注目情報(2017年1月)(小俣)
2.「ダブル首都」文案(小俣)
3.大阪府・大阪市 副首都推進本部 
  副首都化に向けた中長期的な取組み方向(中間整理案・概要)

議事概要

1.最近の注目情報等について
・1月の注目情報について、小俣副会長より説明等があり、関連し
 て情報交換、意見交換を行った。
・言論NPOが政権の実績評価等を続けていること、関西広域連合
 の6年の歩み、浜松市の道州制における立ち位置等が話題となっ
 た。
・大阪府と大阪市が「副首都推進本部」を設置し、「副首都・大阪」
 を目指していることも話題となった。

2.細胞分裂型道州制について
・小俣副会長から「ダブル首都」の文案提案があり、検討した。
・「ダブル首都」を一つの項目として、「第一段階」の前に入れる
 ことになった。
・テスト用のHPをつくり、追加内容を掲載し、2月・3月と内容
 の検討を続けることになった。
・4月には、HPに「ダブル首都」関連の内容を追加する予定。

3.小冊子について
・「ダブル首都」の項目が増えたので、そこが確定してから改めて
 検討することになった。

4.その他
・豊洲問題やマスコミ報道について、さらには、トランプ新大統領
 や北方領土問題等について情報交換、意見交換を行った。
 
次回予定:2017年2月15日(水)18:30〜20:30  
               喫茶室ルノアール 新宿区役所横店



          (2014年)  (2015年)  (2016年)